*

証明写真1枚あたりの焼き増し代が200円~400円から4.5円に!?意外と高い証明写真代の節約術!!

公開日: : Webtest.jp

※この記事は就活セミナー・イベント検索サイト「アウカツ」さんの提供です。 証明写真

就職活動で必ず必要になる証明写真。みなさんはこの地味な費用がいくらになるか計算したことはあるでしょうか?

写真屋さんによってかなり幅がありますが、写真データと写真3枚ほどで2,500円くらいです。

そしてもちろん、3枚だけで足りるはずはないので必ず焼き増しが必要になります。

その費用は一枚200~400円ほど。

最近はエントリー時にネット上で証明写真のデータを添付する企業も増えてきましたが、まだまだ実際の証明写真を必要とする企業が大半を占めます。

多い人だと100社ほどエントリーされるかと思いますが、エントリーが多いと証明写真代もばかになりません。

30社に履歴書を提出するとしても、初期費用が2,500円、焼き増し代が30社×200円=6,000円。 安く見積もっても、合わせて1万円に届きそうな勢いです。

・・・高いですね!

 

ここに割くお金を就活イベントに参加するための交通費や参考書に当てられたらと思いませんか?ただでさえお金がかかる就職活動、少しでも節約したいですよね。

そこで今回は、自前でクオリティの高い証明写真を安く焼き増しできる方法をご紹介したいと思います。

具体的には、1枚あたり200円~400円かかる焼き増し代が約4.5円(※)になります!

※3.0×4.0cmサイズの場合

 

【メリットまとめ】

  • 圧倒的に安くなる
  • スマホなどのmicroSDカードに入れておけば、出先で必要になった時に印刷できる
  • 違うサイズの証明写真が必要になった場合でも、自分で対応できるようになる

【目次】

 

【準備するもの】

必要になるのは以下の3つです。

・証明写真のデジタルデータ

d_photo

最近では写真撮影時のデジタルデータをCDやUSBメモリでくれる写真屋さんも多くなってきました。

写真のデジタルデータ販売に対応している写真屋さんを選びましょう。

 

 

・パソコン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photoshopが動作するスペックであればなんでも大丈夫です。

 

・Photoshop

photoshop

アドビが提供するPhotoshopです。

「おいおい、こんなソフト買うくらいなら焼き増しした方がいいだろw」と思われた方、心配ありません。体験版で十分です。30日間無料で使えますし、最初だけしか使わないのでこれで充分です。

>>> Adobe Photoshop体験版のダウンロードはこちら

 

以上です。

どうでしょう揃えられそうでしょうか?

パソコンなんかは大学で使っているもので大丈夫だと思います。

ここですでに面倒くさそうだと感じてしまったあなたのために、制作代理業務を始めました。

詳しくは「データ制作代行について(手数料:1,080円)」をご覧ください。

 

さて、今回ご紹介する方法をざっくり説明しますと、スタジオ・写真館で撮った証明写真のデータをPhotoshopを使って、履歴書の仕様サイズ(通常3.0×4.0cm)に切り取り、L版(L判)サイズの大きさに写真を並べて一枚の画像として出力して現像するというものです。完成すると下の図のようになります。 syoumei-kansei 最大8枚分並べることが可能で、L版(L判)サイズの印刷が一枚36円(税抜)[※ビックカメラの場合]ですので、証明写真一枚あたり4.5円(税抜)となります!

例えばさきほどの例で計算してみますと、

  • 焼き増し価格200円で計算した場合:200円×30枚=6,000円
  • 焼き増し価格300円で計算した場合:300円×30枚=9,000円
  • 焼き増し価格400円で計算した場合:400円×30枚=12,000円(スタジオでの焼き増しはこの価格帯が一番多いです。)
  • 今回の方法で計算した場合:4.5円×30枚=135円

となり、かなり安く済ませることが可能です。

ただ、最近では焼き増し専門サービスもあるようで、そちらでは一枚当たり最安47円(150枚注文した場合)で、例えば30枚で見積もりますと1枚当たり81円で2,440円になります。

自作でやる時間が惜しいという方はこちらも検討してみてもいいかもしれません。

また弊社での制作代行も行っております。気になる方は「データ制作代行について(手数料:1,080円)」をご覧下さい。

 

 

では、お待ちかねの詳細に入っていきたいと思います。

予め手順を書いておきますと、

1. Photoshopのインストール

2. 証明写真のデジタルデータを横3cm×縦4cmサイズにする

3. L版(L判)サイズのファイルを作成する

4. 現像しに行く となります。

 

【1. Photoshopのインストール】

・アドビのサイトにアクセスし、体験版をダウンロードする

・インストールを行う Adobe Photoshop体験版のダウンロードはこちら

 

【2.証明写真のデジタルデータを編集する】

写真データは基本的にはそのままでは大きいことが多く、縦横の比率も違うのでPhotoshopで編集します。

 

・Photoshopにデータを読み込む

Photoshopを起動→【ファイル】→【開く】→写真データを選択→画面に写真が表示される

 

・写真データをリサイズする(※企業指定のサイズに従って下さい。基本的には横3cm×縦4cmです)

ツールから「切り取り」を選択→サイズを3.0cm×4.0cm、解像度を300で指定→バランスを考えつつ切り取り範囲を指定→実行→【名前を付けて保存】。

形式はJPEG、最も良い画質で保存します。

切り取り画面

切り取り画面2

 

 

【3.L版(L判)サイズのファイルを作成する】

次に、L版(L判)サイズの新規ファイルを作成します。

【ファイル】→【新規】で、下記の設定を行います。

syoumei-settei

プリセット:写真

サイズ:L横長

解像度:300 pixel/inchi ←印刷業者によって最適値が変わりますが、基本は300で大丈夫です。詳細が分かる方は印刷業者に解像度の最適な数値を確認してみましょう。

カラーモード:

RGBカラー (※基本的にCMYKでは印刷できない場合が多いようですが、業者によってはCMYK指定もあるかもしれません。)

8bit(※bit数を増やすとファイルサイズが大きくなり、パソコンの性能が高くないとPhotoshopが落ちてしまうなどあり得ますが、写真の色の階調がスムーズになるため写真のクオリティは上がります。)

 

 

新規ファイルの作成が完了したら、2.で編集した写真を張り付けます

保存したフォルダからPhotoshopへドラッグ&ドロップ。

 

 

 

 

 

syoumei-ichimai

そしてあとはひたすら画像を並べるだけです。

Ctrlキー+Shiftキー+Altキーを押しながら画像を移動させると簡単に複製ができます。さらに整列の機能などが分かる方はそれを使うときれいに整列できます。

印刷時にフチギリギリになってしまうことが多いので、できるだけ中央に寄せましょう。

並べ終わるとこんな感じになります。

 

 

 

syoumei-kansei

ファイル→名前を付けて保存→JPEGで保存します。なるべくいい画質で保存しましょう。

念の為、オリジナルのPhotoshopも保存します。出力された画像を見て修正したい箇所があった場合はこちらのデータから修正できます。

ファイル→別名で保存→ファイルの種類で「Photoshop」を選択、で保存をクリックして完成です。

 

【4.現像しに行く】

あとは最寄の現像できるお店に行くだけです。作成したデータをSDカードなどに保存しましょう。

今回は池袋のビックカメラで現像してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビックカメラの場合、店頭で注文すると36円(税抜)ですが、インターネットからデータをアップロードして注文すると29円(税抜)になるようです。

ビックカメラのネットプリントに関してはこちら

あと一点、注意があります。その場でプリントができる機械は現像のクオリティが若干下がりますのでなるべく避けるようにして下さい。

店頭でデータを渡し、1~2時間ほど待つプリントの方が印刷クオリティが高くなります。(※ビックカメラの場合は、専用のパソコンから写真データを選び注文します。)待ちたくない方は、ネットプリントで予めデータを渡し、プリント完了通知が来て受取りに行くと待ち時間ゼロでクオリティの高い写真の受け取りが可能になります。

下の画像はその場でプリントした写真(左)と、ちゃんと印刷してもらった写真(右)です。分かりにくいかもしれませんが、その場でプリントしたものは若干安っぽく少々荒い仕上がりになっており、ちゃんと印刷してもらった方は光沢もありしっかりとした仕上がりになっています。IMG_6949

また、印刷に関しては実際のサイズが多少大きくなるようです。縦横共に1mmほどです。大きい分にはあまり困らないと思いますが、きっちり合わせたい方は元データの方を微調整してみて下さい。

また、「自宅のプリンタじゃだめですか?」とたまに質問を頂きますが、家庭用のプリンタは染料インクという水に弱いものを使っているものが多いのでお勧めしません。ご自宅のプリンタをご利用される場合はよく調べた上でご利用下さい。

 

以上、制作過程を説明してきましたがいかがでしょうか?

面倒だという方向けに、データ制作代行サービス(1,080円)をしております。

時間を節約したい方や、面倒な方は下の注意・免責事項を読んでいただき当サイトメールアドレス・お申込みフォームよりご連絡下さい。

 

【L版(L判)画像作成代行サービスについて】

【内容】3.0cm×4.0cmの写真を8枚並べたL版(L判)サイズの画像の制作

※印刷は含まれておりません

【料金】1,080円

【お支払い方法】銀行振り込み

※恐れいりますが振込手数料はご負担下さい。

※返金が発生した場合も振込手数料はご負担頂きます。

 

【流れ】フォームからお申込みされる場合

1. こちらからお申込みを願いします。

2. お申込み完了後に自動返信メールが届きます。お申込み完了となりますので、サンプル画像が届くのをお待ち下さい。(キャリアのメールアドレスを利用される方は、受信設定にお気を付け下さい。photo@ihashigo.comからメールが届きます。)

3. サンプル画像が添付されたメールが届きます。(これは料金の振込前に弊社が連絡の取れる組織であることを確認して頂くための工程になります。)

確認後、メール記載の口座に料金1,080円をお振込み下さい。メールへの返信は必要ありません。

SAMPLE-BODY

4. 弊社で入金確認完了後、完成画像をメールに添付しお送り致します。(※入金後、こちらのメールが届かない場合はお手数ですがご連絡下さい。)

5. 届いた画像を確認して頂き、問題がなければ完了となります。

 

【流れ】メールからお申込みされる場合

1. メールにて写真データを添付、完成希望期限、振込口座名を記入しお問合せ下さい。

□お申込みテンプレート

———————————–

[お申込みメールアドレス]

photo@ihashigo.com

※制作に関しての質問等へのご返信はしておりません。

[件名] 証明写真制作依頼

[本文]

証明写真の制作代行依頼です。

【完成希望期限】○月○日まで

【振込口座名】ヤマダ タロウ

———————————–

丁寧に挨拶して下さる方もいらっしゃいますが、上記のテンプレートのみで問題ありません。

 

2. サンプル画像が添付されたメールが届きます。(これは料金の振込前に弊社が連絡の取れる組織であることを確認して頂くための工程になります。)

確認後、メール記載の口座に料金1,080円をお振込み下さい。メールへの返信は必要ありません。

SAMPLE-BODY

3. 弊社で入金確認完了後、完成画像をメールに添付しお送り致します。(※入金後、こちらのメールが届かない場合はお手数ですがご連絡下さい。)

4. 届いた画像を確認して頂き、問題がなければ完了となります。

 

元データが大きくてメールに添付できない場合は宅ファイル便をご利用下さい。

・宅ファイル便(300MBまで無料)

https://free.filesend.to/fileup_free

 

【仕上がりまで】

基本的にはお振込みの確認から24時間以内に完成データのお渡しをさせて頂きます(土日祝除く)が、依頼が集中した場合はこの限りではありません。15時移行のお振込みに関しましては翌日扱いになる銀行がほとんどですのでご注意下さい。

 

【免責事項】

こちらの画像作成におきましては、必ずどこでも現像できますと保証しているものではございませんので、予めご了承下さい。

また、仕上がりにつきましては弊社で確認をしておりますが品質の保証は行っていませんのでご注意下さい。(ビックカメラで印刷した場合でも1mm程拡大されます。)

また、証明写真データによって生じたいかなる損害についても責任を負いません。

以上に同意される方のみ、お問合わせ下さい。

関連記事

1-1

【就活Lab】 Webtest.jpの新コンテンツの紹介

みなさん、こんにちは。Wentest.jpです。 ついに2015年卒の就職活動も、合同説明会な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑