計数問題対策


SPI2系


リクルートマネージメントソリューションズ社が開発した就職試験全般を総称してSPIと呼んでおります。 以前まではペーパーの筆記試験のみでしたが、WEBテスト版のWEBテスティングサービス、 指定された会場で受験するテストセンター方式、企業内のパソコンで受験する インハウスCBTなどの新しいタイプの方式が加わりSPI2と呼ばれています。



* 上記画像は本サイトwebtest.jp会員様に無料でご提供させていただいているSPI2系の模試Webアプリの画面例です。

玉手箱シリーズ


日本SHL社が開発した選択型のWEBテストです。 とにかく問題数が多く、情報処理能力が必要とされます。 企業によっては問題数と解答時間が違ってくるので注意。 玉手箱シリーズの計数問題は四則逆算型、図表の読み取り、空欄補充型等が確認されております。



* 上記画像は本サイトwebtest.jp会員様に無料でご提供させていただいているSPI2系の模試Webアプリの画面例です。

TG-WEB


アトラクスヒューマネージ社が開発した選択型WEBテストです。 一つのページにすべての問題が出題されるため、分からない問題を後回しにすることもできます。 難解verと簡易verが存在し、それぞれの問題に適した対策が必要です。 ペーパー版も存在するとの報告もあります。 左のメニューバーの問題の傾向と対策のページより無料模試を受けることができます。



* 上記画像は本サイトwebtest.jp会員様に無料でご提供させていただいているSPI2系の模試Webアプリの画面例です。

WEB-CAB


日本SHL社が開発した選択型のWEBテストです。 IT系の企業でよく見られ、問題数が多く、情報処理能力が必要とされます。 独特の問題が出題されるので予め対策が必要となります。問題は主に、 規則性、命令表、 暗号解読に分類されております。 ペーパー板にも同様の問題が出題されるので注意。



* 上記画像は本サイトwebtest.jp会員様に無料でご提供させていただいているSPI2系の模試Webアプリの画面例です。